二重整形

奥二重のふたえ整形を大阪で行う

幼少時、目が二重の女の子はとても目もとがパッチリとしていて、それだけで可愛らしい印象が強くとても憧れたものです。私自身は二重は二重でも二重のうちの一重はまぶたの奥に入ってしまっているので見た目は一重にしか見えず、子供ながらに姉がしているアイプチなどを使ってみてパッチリ二重にならないものかと試してみたのを覚えています。
最近はTVタレントの方が、アイプチなどで二重にしていると自然に二重になったと公言されている方が多く本当なのか疑問に感じながら、二重にするためのまぶたに貼るシールを使ってみました。最初はコツがつかめずシールを何枚もムダにしていましたが、自分のまぶたの長さにシールを切ったりして加工するとビックリするほどの二重まぶたが完成し、アイプチのように肌に塗るタイプではないので、目に入る心配も無く簡単に二重が出来ます。
今では幼少時に憧れた二重を人工で作成していますが、目元がパッチリすることも目的の一部ではあるのですが、主な目的は目の「たるみ」を解消させる事が主となっています。眼腱下垂という病気がありますが、そこまではいかなくても瞼のたるみにより視野が狭くなっているのか、二重シールを貼ると視野が広がり、よく見えるという意外な効果の恩恵も受けています。これは、本来二重がパッチリだと利用出来ない手段なので、一重(奥二重)で良かったのかもしれません。

奥二重のふたえ整形を大阪で行う

幼少時、目が二重の女の子はとても目もとがパッチリとしていて、それだけで可愛らしい印象が強くとても憧れたものです。私自身は二重は二重でも二重のうちの一重はまぶたの奥に入ってしまっているので見た目は一重にしか見えず、子供ながらに姉がしているアイプチなどを使ってみてパッチリ二重にならないものかと試してみたのを覚えています。最近はTVタレントの方が、アイプチなどで二重にしていると自然に二重に…

More Details

大阪でも人気のふたえ整形の全切開法と部分切開法の特徴

二重整形の手術を受ける時にメスでまぶたを切開して二重を作るのが切開法ですが、全切開法と部分切開法の2種類があるので切開法で二重整形の手術を受ける時はしっかり把握しておく必要があります。そこで全切開法と部分切開法の特徴について見ていく事にしましょう。・持続力が長い全切開法全切開法はまぶたを約3cm切開して二重を作っていくので手術後に傷跡が残ってしまう事が多いです。また手術後の腫れも2~…

More Details

大阪のクリニックでふたえ整形でできること

二重整形というのは、実はいくつも種類があります。その一つとしてあるのが、まずは埋没法になります。これはどういう手術なのか、といいますと顔にメスを入れたくない人向けであるといえるでしょう。まさにプチ整形と呼ぶことができるようなものであり、非常にお勧めできる要素があります。 手軽に二重まぶたにしたい、という人に向いているといえるでしょう。つまりは、切らない二重整形がしたい、腫れない整形がしたい、…

More Details

Article List

TOP